最近の記事

2014年03月04日

度数高めで「お得に酔える」 節約志向、ビール大手が缶チューハイ強化

毎日飲んでいます。

 ビールの国内需要が縮小する中、手軽に味わえる缶チューハイのラインアップをビール大手が拡充している。4月の消費税率引き上げ後は節約志向が強まり、割安感のある商品の人気が高まると判断。各社はアルコール度数が高めで「お得に酔える商品」に力を注ぎ、シェア争いが激しくなっている。

 アサヒビールが消費税増税後の5月中旬に発売する「辛口焼酎ハイボール」は、350ミリリットル缶の希望小売価格(税別)が缶チューハイの主力商品「すらっと」と同じ141円だが、アルコール度数は8度で、5度も高い。

 同社の枝伸マーケティング第一部長は「手頃な価格で飲み応えがあり、ビールより割安な缶チューハイに流れる顧客を取り込む」と話す。近年はウオツカを使う缶チューハイも多い中、ビールと同様に食中酒と位置付けてもらうため辛口のイメージが強い焼酎を用いたという。

 少子高齢化などを背景に、大手5社のビール類の出荷量は13年まで9年連続で減少。一方、缶を開けてすぐ飲めることから「RTD(Ready To Drink)」と呼ばれるチューハイなどの酒類は、堅調な伸びをみせている。アサヒビールによると、13年のRTDの市場規模は前年比5%増の9500万ケース(350ミリリットル24本換算)。中でもアルコール7度以上の商品は17%も伸び、RTD全体の4割以上を占めるまでに成長した。

 アルコール度数の「強め志向」に対応するため、キリンビールは主力の缶チューハイ「氷結ストロング」を昨年末にリニューアルし、度数を8度から9度にアップした。氷結シリーズを牽引(けんいん)役に、今年はRTD分野の売上高は約8%増を目指す。

 サントリー酒類の「マイナス196℃ストロングゼロ」シリーズは昨年、販売量が前年比で22%伸びた。度数が8度と高めのため6年前の発売当初は中高年男性をターゲットにしていたが、「女性の購入者も年々増えている」という。競争激化の一方、消費税増税が追い風になるとみて今年の販売量は8%増を計画している。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140303-00000004-fsi-bus_all
posted by news at 16:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月24日

外貨準備運用、一部を民間に 特会改革法案、あすにも閣議決定

 政府は、為替介入などに使用する「外国為替資金特別会計」で運用する外貨準備の運用を見直す方針だ。財務省だけで運用してきた体制を改め、一部を民間委託することが柱。外為特会の運用見直しや他の特会の統廃合を盛り込んだ特別会計改革関連法案を25日にも閣議決定し、今国会に提出する。

 外為特会で運用する外貨準備高は、政府が円高阻止のために巨額の円売り・ドル買いの為替介入を行った結果、2000年の約3500億ドル(約34兆3000億円)から今年9月時点では約1兆3000億ドルへと約4倍に増加。これだけの規模の資金を財務省の限られた人員で運用することには限界があるとの指摘もあった。

 海外では、運用資金の一部を民間に委託している例もあり、政府はノウハウが豊富な民間の運用会社や信託銀行に、資金の一部を運用委託できるようにする。投資先は、これまで同様に米国債などの安全性の高い資産に限定する。委託する運用資産の規模などは今後詰める。

 一方、道路や港などの建設費用をまかなう社会資本整備事業特会は廃止し、自然災害による農家や漁師の収入減を補填(ほてん)する「農業共済再保険」と「漁船再保険及び漁業共済保険」の両特会は、機能が似ている「食料安定供給特会」に統合する。統廃合によって、特会は現在の18から15に減る。政府は、14年度予算からの適用を目指す方針。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131023-00000003-fsi-bus_all
posted by news at 12:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月20日

<不妊治療>公費助成「42歳まで」は16年度から

難しい問題です。

 公的な不妊治療支援の新制度を検討している厚生労働省の検討会(座長・吉村泰典慶応大教授)は19日、公費助成の対象を「42歳まで」とする年齢制限について、2016年度から適用することを了承した。また、39歳以下の人が助成を受けられる通算回数の上限を、現行の10回から6回に減らす回数制限については、14年度から実施する方針で合意した。

【不妊治療の光と影】家族の数だけ答えある 夫との関係悩む

 厚労省は医療保険が適用されない体外受精について、年間所得が合算で730万円未満の夫婦を対象に、費用の一部を助成している。体外受精や顕微授精の治療費は1回当たり30万円程度かかる。現在は、通算5年、計10回を限度に、1回15万円(採卵せずに凍結卵を使う場合は7万5000円)を給付する。給付回数は、1年目は3回まで、2年目以降は2回までだ。

 新制度では、助成を受けられる対象を42歳までとする年齢制限を初めて設け、年間の回数制限をなくす一方、40〜42歳は通算3回まで、39歳以下は6回までとする。

 今年度までに助成を受けている人の移行措置として、15年度までは現行制度を適用する。吉村座長は、出産に至った9割以上が6回までで妊娠していることなど不妊治療の成功率や高齢出産の危険性から、「43歳以上の人が不妊治療を受けることを禁じるものではないが、(公的助成の通算回数の)制限はやむを得ない。現行制度で助成を受けている人に不利益がないように考慮した」と話した。【藤野基文】
posted by news at 11:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月06日

6月の携帯契約、ドコモ5カ月ぶり減 「ツートップ」も新規獲得では不発

機種変更は進んでいるみたいですね。

 携帯電話3社は5日、6月の契約数を発表。NTTドコモが新規契約から解約を差し引いた純増数で、5900件の減少となった。純減は今年1月以来5カ月ぶり。ソニー製「エクスペリア」とサムスン電子製「ギャラクシー」の最新機種を優遇して割引販売する「ツートップ戦略」も新規契約者獲得には効果はいまひとつだった。

 これに対し、米アップルの「iPhone」が好調なソフトバンクモバイルとKDDI(au)は純増を確保した。ソフトバンクは音声通話やデータ通信の接続率改善を引き続きPRし、24万8100件の純増。18カ月連続で純増数の首位をキープした。通信トラブルが続いたKDDIも基本料金の割引キャンペーンなどが奏功し、23万2200件の純増だった。

 通信会社を変更後も同じ番号を使える「番号持ち運び制度(MNP)」では、ソフトバンクが5万9900件、KDDIが8万5300件の転入超過。ドコモは苦戦が続き、14万6900件の転出超過だった。

 ドコモはツートップ戦略に加え、MNPで高速通信「LTE」対応のスマホを購入すると毎月の基本使用料を割り引くキャンペーンも展開したが、「他社の販売施策の強化に押され、思ったほど効果が上がらなかった」(同社)。

 ただ、ツートップは販売開始後40日程度で計120万台が売れており、「200万台も十分に狙えるペース」(加藤薫社長)。各種キャンペーンなどと連動させ、巻き返しを図る。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130705-00000551-san-bus_all
posted by news at 14:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月05日

バイクバカ売れ、ブーム到来の予感 40代、50代が戻り今度は20代狙う

これからの季節は特に気持ち良さそうですよね

 バイクの売れ行きが好調だ。軽二輪車(125〜250cc)では前年の3倍以上も売れるメーカーも出ている。メーカー各社が2012年からバイクの復活をかけてモデルチェンジし、価格と燃費を下げたことが大きい。

 それに呼応するように40代、50代の元ライダーがバイクに戻ってきた。メーカーはこれから20代の新規顧客の獲得を目指す方針で、本格的な「バイクブーム」が訪れようとしている。

■前年比で2倍、3倍も売れたメーカーも現れている

 ここ10年以上盛り上がりに欠けていたバイク新車市場が2012年春ごろから急転し、上昇に転じた。全国軽自動車協会連合会によれば、13年2月の軽二輪車(125〜250cc)新車販売は業界全体で前年同月比168.4%、3月は162.3%、4月は139.4%となった。メーカー別ではカワサキが2月に305.8%と3倍以上の売れ行き。ホンダも3月は189.0%と2倍近い販売になった。

 小型二輪車(251cc以上) は軽二輪車ほどではないが、全メーカー合計の新車販売台数が13年2月は102.9%、3月は同112.%、4月は同104.9%と伸びている。メーカー別では、ヤマハが3月で143.0%、スズキが135.8%と高い伸びを記録した。なぜこんなに伸びているのか。その要因について各メーカーは「モデルチェンジの成功だ」と口を揃える。

  「バイクの売れ行きが下がったと言われたが、潜在的な需要は根強く残っていた。我々はその需要をどう掘り起こすかに向かった」

 ホンダの広報はこう説明する。キーワードになったのは低価格化と、これまでバイク乗りに関心が薄かった燃費だった。品質と性能を維持したうえで価格を下げるために、日本、アメリカ、ヨーロッパ、東南アジア各地域ごとの仕様をやめて、統一規格での製造に切り替えた。その結果、例えば700ccならば70万円でも安いといわれていたのに、60万円を切る価格で提供することができた。

ホンダは若者向け2車種を30万円切る価格で投入
 また、ガソリン価格の高騰が続く中で、燃費も重要であることを強調した。700ccでは従来一リットル約20キロメートルだったものを約30キロメートルまで可能にした。こうした新しいバイクを2012年から販売した結果、40代を中心に、50代といった、以前にバイクを愛好していたお客が戻ってきた。

 ただし、喜んでばかりもいられない事情がある。それは若者のバイク離れだ。若者に支持されてこそバイクの「復活」は完成するわけで、ホンダは近く20歳代をターゲットとした110cc、125ccの2車種について30万円を切る価格で市場投入する計画だ。

 はたして若者はバイクに興味を示すのか。中古バイク買取販売のバイク王&カンパニーの広報によれば、第二次バイクブームを経験した人々は今40代から50代。その世代がバイクに回帰しているのではないか、と見る。そして今、ブームがきているとすれば、

  「40代から50代の、その子供世代の方々にも波及し始めたからではないでしょうか」

と推測、若者市場での今後の盛り上がりを期待している。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130517-00000006-jct-bus_all
posted by news at 06:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月28日

政府「10万円介護ロボ」普及へ…成長戦略の柱

ぜひ、実現して欲しいです

 政府は、安価な新型の介護ロボット普及に乗り出す。

 要介護者が歩くのを支えたり、高齢者を抱える介護職員の負担を軽くしたりするなど、機能を絞った10万円程度のロボットの開発を促す。さらに、介護保険の対象を広げ、これらのロボットを月数百円でレンタルできるようにする。政府は、普及策を6月にまとめる成長戦略の柱と位置づけ、介護職員不足の緩和や新産業の育成につなげる方針だ。


 政府が普及を促すのは、〈1〉介護する人が高齢者らを抱え上げる時の負担を減らす〈2〉高齢者らが自分で歩くのを支える〈3〉排せつ時の支え〈4〉認知症の人を見守るシステム――の4分野のロボットだ。政府は今年度から、これらのロボットを開発する企業などに開発・研究費の半額〜3分の2程度の補助金を出す。補助金総額は今年度だけで約24億円。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130427-00001323-yom-bus_all
posted by news at 15:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月16日

USJで史上最長待ち行列発生 後ろ向きジェットコースターに“7時間超”

乗ってみたいですね

 ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(大阪市此花区)で15日より春イベントが始まり、目玉アトラクションの後ろ向き走行ジェットコースター『ハリウッド・ドリーム・ザ・ライド〜バックドロップ〜』が一般公開を開始した。同パークによると開演直後の午前9時15分の時点で行列は440分と実に7時間以上に及び、午前11時現在でも450分と史上最長の行列となっている。

【SMAPともコラボ!】SMAP初の全編英語詞 USJ人気コースターに搭載

 同アトラクションは高さ約43メートルのコース最高地点から最大勾配約60度の角度で後頭部から突き落とされ、上空に放り出される浮遊感をさらに進化。トレインも「究極の刺激と爽快感」という乗車体験で得られる感情をテーマに、ボディカラーをソフトなパープルから、スリルと興奮を高めるレッド&ゴールドに一新、LEDも後ろ向き走行と一目でわかるように新調した。

 USJではきょう午後早めの時間帯で閉園頃に乗車する人が行列に並ぶことになるため、その時点で受付を終了する予定としている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130315-00000316-oric-ind
posted by news at 07:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。